水道修理に関する基礎知識

水道修理に関する基礎知識 いざ水のトラブルが起きても症状によっては、指定の水道 修理業者しか扱えないケースがあります。蛇口の交換から排水管のつまりまで工事内容はさまざまです。個人の敷地に水を通す際や、給水管または排水管の工事は、国が認めた資格をもつ業者でなければ作業できません。工事は上水と下水を間違えると衛生的に問題が出るため、安易に素人だけでは行えないのが現状です。

■修理や工事に関する資格

水のトラブルが起きたら必ず水道局指定の専門業者に依頼しましょう。信頼できる業者は給水装置工事主任技術者や下水道排水設備工事責任技術者、管工事施工管理技士などの資格を持っています。水道技術管理者も大切な資格の一つです。
資格のある業者は水道 修理に関する知識とスキルが認められているのが特徴です。水道工事は安全に行わないと、給水管を破損させる恐れもあります。大規模な水漏れとなると近隣住民の迷惑にもなるため、安心して依頼できる修理業者を選びましょう。

■使える材料や素材
工事をする際は決まった材料を使うよう決められています。指定の材料は時代の流れに沿って変動し、強くて安全で安い素材が注目されています。耐衝撃性硬質塩化ビニル管は給水管に多く使用されている素材です。水道用第一種軟質ポリエチレン管は、塩ビ管と価格は同じぐらいですが硬めの素材なので凍結しにくく、寒いエリアの排水管に使用されることが多いです。
また硬質塩化ビニルライニング鋼管は、鉄と塩ビ管でできているので強靭なのが特徴であり、価格も高くなります。架橋ポリエチレン管は建設会社が開発した物です。つなぎ目部分が少ないのが特徴で、全体を一気に外しやすいというメリットがあります。水道修理にかかる時間が短縮されるため、架橋ポリエチレン管を使用する自治体もあります。鉛管は質量が大きく加工しやすい点が特徴で、昔は一般的な素材でしたが今は排水管の一部分にしか使用されていません。

■自分で修理できる場合とできない場合

水のトラブルを自分で直したい時は、六角レンチやドライバー、モーターレンチなどを揃える必要があり、ホームセンターやインターネットの通販で購入できます。水漏れ箇所の特定ができたら交換したいパーツも揃えましょう。カートリッジや蛇口のレバー、トイレのタンクの水漏れはパッキンが古くなって起こることがあります。カートリッジを換えても水漏れする場合は蛇口のレバーごと交換すると改善されます。マイナスドライバーとモンキーレンチを使い、パッキンの交換を行ってください。
お風呂のシャワーから水が止まらない時は、カランやシャワーヘッドに原因がある場合が多いです。パッキンの劣化によることもあります。シャワーヘッドは半時計回りに回すと開き、なかなか開かない時は太めのゴムを巻くと開きやすくなります。給水管の引き込み作業は水道局へ届け出が必要となるため相談をしてみましょう。井戸水からの給水はルールが決まっていませんが、長年使用することを考えると修理業者に依頼し水を引いてもらった方が安心です。

■まとめ
水漏れが起きたら慌てず原因を調べることから始めましょう。パッキンやカートリッジの交換なら自分でできる可能性もあります。自分で直す時は必ず止水栓を閉めてから行ってください。必要な材料などを揃えておくことも必要であり、パッキンなどはホームセンターに持っていき、店員さんに聞くと対応しているサイズの商品を持ってきてもらえます。作業が終わったら止水栓を開け水の出具合を確認します。なかなか自分では上手くできない時や、修理を安全に行いたい時には、水道局指定の業者を選ぶようにしましょう。
自分で修理しても直らない、症状が悪化する恐れもある点は注意が必要です。DIYでなかなか解消されない時は、修理業者に連絡するとよいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース